- 静岡大学 永津研究室 - NEWS & TOPICS
Japanese | English
静岡大学公式サイト 静岡大学工学部公式サイト
HOME
NEWS & TOPICS
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
はじめに
研究内容
主な研究成果
プロジェクト
研究室メンバー
リンク
アクセスマップ

NEWS & TOPICS 一覧

■2017年(平成29年)
4月6日 永津 雅章教授の研究グループが2016年にJournal of Physics D: Applied Physics(IOP Publishing)に発表した論文、Enbo Yang, Han Chou, Shun Tsumura, and Masaaki Nagatsu,“Surface Properties of Plasma Functionalized Graphite-Encapsulated Gold Nanoparticles Prepared by Direct Current Arc Discharge Method”が、2016年度 Condensed matter, interfaces and related nanostructures部門の”Highlight of 2016”論文に選定されました。

3月24日 東京医科歯科大学において行われた平成28年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会において、琉球大学・作道准教授との共同研究の成果を永津教授が発表を行いました。
講演題目

3月16日 平成28年度卒業・修了祝賀会がホテルクラウンパレス浜松において行われました。(修士学生:杉浦君、高柳君、濱嶋君、4年生:丸山君、宮路君)


3月14日~16日 パシフィコ横浜において行われた2017年第64回応用物理学会春季学術講演会において、当研究室より自然科学系教育部ナノビジョン工学専攻のRui Huさん(3年)、電子物質科学コース修士1年生の大村拓也君、金原正寛君、仁藤裕登君、古川大貴君が発表を行いました。
講演題目

3月6日 修論発表会、卒論発表会、修士中間発表会の慰労会および、当研究室に来訪中のTeguh Endah Saraswatiさん(Sebelas Maret大学(インドネシア)講師,、2012年3月創造大学院博士課程修了)の歓迎会をかねて、研究室コンパを行いました。

2月28日 平成28年度工学専攻電子物質科学コースの修士中間研究発表会において、当研究室より仁藤裕登君、大村拓也君、古川大貴君、金原正寛君の4名が発表しました。

仁藤君


大村君


古川君


金原君


2月24日 2015年11月にBiomed. Phys. Eng. Express (IOP) に掲載された学術論文が、現在、”Most Cited” 論文5編のうちの1編に選定されました。
論文題目

2月20日 平成28年度工学部電子物質科学科卒業研究論文発表会において、当研究室より丸山貴之君、宮路丈司君の2名が発表しました。

丸山君


宮路君


2月16日 杉浦・高柳両君のルーマニア(エラスムスプラスプログラム、アレクサンドル・アイオアン・クザ大学)からの無事帰国を祝って、パーティーを行いました。

2月15日 平成28年度工学専攻電子物質科学コースの修士論文発表会において、当研究室より高柳俊也君、杉浦邦昴君、濱嶋周平君の3名が発表しました。

高柳君


杉浦君


濱嶋君


2月8日 当研究室の杉浦邦昴君と高柳俊也君(修士電子科学物質コース2年生)が、4ヶ月間のアレクサンドル・アイオアン・クザ大学(ルーマニア)留学(エラスムス・プラス・プログラム)を終えて、帰国しました。

Alexandru Ioan Cuza像の前で(左:杉浦君と右:高柳君)


Alexandru Ioan Cuza大学の前で


1月26日 Huaping Dong先生(紹興文理学院・中国)の歓迎会を行いました。

1月17日 北海道大学で行われた第34回プラズマプロセシング研究会に開催期間中に、当研究室博士課程修了生のDr. Shubin Yangさんが所属する北大触媒科学研究所を訪問しました。

北大触媒科学研究所にてDr. Shubinさんと記念撮影


1月16日~18日 北海道大学において行われたプラズマプロセシング研究会SPP-34において、当研究室から濱嶋周平君(修士電子物質科学コース2年生)、大村拓也君、金原正寛君、仁藤裕登君、古川大貴君(修士電子物質科学コース1年生)が参加し、研究成果の発表を行いました。
講演題目

1月10日 Shaoxing University(紹興文理学院・中国)の准教授Huaping Dong先生が、外国人研究員として1月10日に来日しました。(滞在期間:1月10日から4月9日まで) 研究室ミーティングの終了後に、記念撮影を行いました。

研究室ゼミ終了後にProf. Huanping Dongと記念撮影


ページの先頭へ

Copyright (C) 2006 Nagatsu Lab. All Rights Reserved.